塩野義製薬は2012年12月17日、高コレステロール血症治療薬「クレストール」(ロスバスタチンカルシウム)の特許侵害訴訟の控訴審判決で勝訴したと発表した。塩野義製薬が英AstraZeneca社に導出しているクレストールの米国での後発薬申請に関して、控訴審である連邦巡回控訴裁判所が12月14日に同社の勝訴の判決を下した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)