市民公開講座「進化する生命科学」が2012年12月14日に開催され、定員1000人規模の福岡国際会議場3階メインホールに、高校生や市民など約500人が集まった。主催は、第35回日本分子生物学会年会と第85回日本生化学会大会で、福岡県高等学校理科部会生物部会が共催した。司会は、福岡県立糸島農業高等学校の福泉亮教諭が務めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)