微細藻類が、太陽光エネルギーを利用して燃料を生み出すバイオマスとして注目を集めている。2012年12月16日に行われた衆議院議員総選挙でも、藻類燃料の話題が取り沙汰された。選挙戦で取り上げられた藻類バイオエネルギー実用化のための研究開発を行っている筑波大学渡邉信・彼谷邦光研究室のウェブサイトのトップには「藻からオイル! 日本を産油国に」と記されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)