米Cedars-Sinai Heart Instituteの研究者は2012年12月16日、たった1つの遺伝子 (Tbx18)を導入することで、通常の心臓細胞をリプログラムし、特殊なペースメーカー細胞を複製できたと発表した。この研究成果は、異常な心拍を正常に戻すことを目指した、10年間にわたる研究の大きな前進である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)