米Immunomedics社は2012年12月12日、同社が特許取得済みのプラットフォーム技術を使った新規のクラスの2つの二重特異性抗体(バイスペシフィック抗体)を、Dock and Lock(DNL)複合体として作製したと発表した。これらの二重特異性抗体は、in vitroのリンパ腫のセルラインに対して、強力な細胞殺傷活性を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)