米Chromatin社は2012年12月3日、同社が開発してカリフォルニアで栽培されたソルガムがカリフォルニア州にあるエタノール企業米Pacific Ethanol社によってエタノール生産に初めて使用されたと発表した。この成功は、エネルギー効率が良くトウモロコシの低コスト代替品となる、用途が広く適応性のある作物として、地元で栽培されたソルガムを活用する将来への道を開くものと期待されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)