米エネルギー省(DOE)傘下のNational Renewable Energy Laboratory(NREL)とBioEnergy Science Center(BESC)の研究チームは2012年11月26日、異なる顕微鏡イメージング方法を組み合わせて、バイオマス細胞壁構造と酵素による消化性との関係について理解が深まったと発表した。研究成果はバイオマスからの糖類生産性を最適化し、バイオ燃料の生産コスト低減に結び付く可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)