ニュージーランドLanzaTech社と中国宝鋼集団(Baosteel Group)は2012年12月3日、Baosteel社の中国・上海郊外にある製鋼所の1つに位置する年産10万ガロン(300t)の排ガス-エタノール変換実証スケール施設の稼働が成功したと発表した。この施設の規模はLanzaTech社のパイロット設備よりもはるかに大きく、テスト結果は技術のスケールアップが成功したことを示し、生産性は予想を超え、本格的な商業化に向けた重要なマイルストーンをクリアしたという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)