全米自動車協会(AAA:American Automobile Association)は2012年11月30日、E15ガソリン(15%のエタノールをブレンドしたガソリン)について最近実施した調査の結果、消費者は混乱しており、車両保証が無効になったり車体を破損する可能性があるとして、米環境保護局(EPA)にE15ガソリンの販売を中断するよう申し入れたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)