臍帯血移植の有用性を低下させている重要な要因の1つが、含まれる幹細胞の数が少ないことに起因する生着不全だ。米Texas大学MD AndersonがんセンターのElizabeth Shpall氏らは、体外で臍帯血を培養すればこの問題は解決できることを示唆した。詳細はNEJM誌 2012年12月13日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)