めいらくグループ(名古屋市、日比孝吉会長兼CEO)は、炭酸ガス抜きをしないコーヒー焙煎豆が、分泌型IgAの産生を誘導する作用を発揮することを見いだした。中央研究所バイオ開発室が2012年12月16日、東京慈恵会医科大学で開催される第10回日本機能性食品医用学会総会で発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)