理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)などの研究グループは、超解像顕微鏡法の1つである構造化照明顕微鏡法を応用して25nmの分解能を実現し、細胞の中で物質輸送のレールとして働く微小管の先端にある新しい構造領域とその機能を発見した。理研CDB光学イメージング解析ユニットの清末優子ユニットリーダーらとオランダUniversiteit UtrechtのIlya Grigoriev研究助手、米Lehigh UniversityのLynne Cassimeris教授らが、オープンアクセスのオンラインジャーナルである米PLOS ONE誌で2012年12月12日付(日本時間12月13日)に発表した。この研究は、総合科学技術会議の「最先端・次世代研究開発支援プログラム」により日本学術振興会を通して助成された「形態形成における微小管細胞骨格の役割の解析」と、上原記念生命科学財団により助成された「微小管プラス端動態制御因子群の機能解剖」などの一環として行われた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)