東京大学生産技術研究所の竹内 昌治准教授、栗林香織特任研究員、尾上弘晃助教は、微細加工技術で作製した薄くて小さいプレートを、培養細胞自身に折り畳ませることで、細胞の立体構造を作製することに成功した。2012 年12 月12 日にPLOS ONE誌に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)