大阪大学産業科学研究所生体分子機能科学研究分野の永井健治教授らは、発光クラゲなどの発光器官内で起こっている生物発光共鳴エネルギー移動(BRET)という現象を利用して、化学発光の強度が従来の10倍以上と明るく光る発光たんぱく質を開発し、ナノランタン(Nano-lantern)と名付けた。ナノランタンをプローブに利用すると、自由行動下におけるマウス体内のがん組織をビデオレートで撮影できる。国立遺伝学研究所の堀川一樹准教授、北海道大学大学院医学研究科の初谷紀幸特任助教、京都大学大学院薬学研究科の樋口ゆり子特定助教らとの共同研究の成果を2012年12月11日(英国時間、日本時間は12月12日)、Nature Communications誌オンライン速報版で発表した。永井教授はオープンアクセスを選んだので、誰でも論文全文を無料で見ることができる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)