米Vanderbilt-Ingram Cancer Centerのresearch faculty、Justin M.Balko氏らのグループは、トリプルネガティブ乳がんの患者サンプルで次世代シーケンサーによって遺伝子変異を解析、治療標的となる遺伝子変異を多数同定することに成功した。この結果は、米テキサス州San Antonioで12月4日から開催されている乳がん医療の国際会議CTRC-AACR San Antonio Breast Cancer Symposium(SABCS)で報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)