欧州委員会(European Commission)は2012年11月27日、デンマーク、タイ、米国の研究者から成る研究チームがキシラン量の少ない遺伝子組み換え植物体の作製に成功し、バイオ燃料生産用の原料としての展望が開けたと発表した。植物バイオマスからバイオ燃料を低コストで生産する方法はこれまで研究されてきているが、問題は容易にバイオ燃料に変換されにくいリグニンとヘミセルロースを植物は含んでいるということであった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)