国際がんゲノムコンソーシアム (ICGC)は2012年12月4日、大腸がん、食道がん、肝臓がん、鼻咽頭がんの発生や増悪に関する因子を発見するため、中国で実施する4つの新たなプロジェクトを発表した。これら4つのプロジェクトは、個々の患者のニーズに合った治療法を開発するための基盤を確立することを目的とする。中国はICGCの創設メンバーで、08年に胃がんのプロジェクトを立ち上げている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)