タイChulalongkorn UniversityのNipan Israsena氏は2012年1月17日、タイ・チェンマイで開催されたアジア細胞治療学会(ACTO)で、ウィスコットアルドリッチ症候群(WAS)を対象とした遺伝子治療についての発表を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)