イランShiraz UniversityのAbbas Ghaderi氏は2012年11月17日、タイで開催されたアジア細胞治療学会(ACTO)で、脂肪由来肝細胞(ASC)とがんの関わりについての研究成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)