本誌は2012年11月12日に、日本PGxデータサイエンスコンソーシアム(Japan PGx Data Science Consortium=JPDSC)との共催セミナーである、「個別化医療におけるゲノムデータベースの活用―ゲノムデータベースは創薬と医療に役立つか―」を開催した。本特集では、同セミナーでの講演やパネルディスカッションの主な内容を紹介し、ゲノムデータベースが創薬や医療技術の進化にどのように役立つのかを解説する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)