Sarepta社、筋ジス対象に新たなエクソン・スキッピング治療薬の共同開発を開始

(2012.11.27 13:30)1pt
大西淳子

 RNAベースの革新的な治療薬を開発している米Sarepta Therapeutics社は、2012年11月26日、英London大学(UCL)のFrancesco Muntoni氏をはじめとする欧米の研究者の協力を得て、同社にとって4番目のデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬候補の開発を進めると発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧