東京大学医学部付属病院血液腫瘍内科の黒川峰夫教授は2012年11月13日、京都大学iPS細胞研究所で「第5回iPS細胞を用いた癌研究について落ち着いて考える会」で、「造血器腫瘍からのiPS細胞の作製とその解析」と題した講演を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)