政府の行政刷新会議は2012年11月16日から18日にかけて「新仕分け」を実施した。今回の仕分けでは、国が実施する事業のうち、東日本大震災の復興関連事業、日本再生戦略の重点分野であるグリーン、ライフ、農林漁業に係る事業、社会保障分野などについてを取り上げ、公開の場で議論した。日本再生戦略のライフ関連は、在宅医療連携拠点事業、臨床研究中核病院の整備、国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)における事業(橋渡し研究の推進、バイオバンクの整備)が取り上げられて17日に仕分けが行われ、いずれも「抜本的見直し」とされた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)