聖路加国際病院(東京・中央)が細胞再生医療の実用化支援に乗り出す。新たに建物を建設し、GMP(医薬品の製造管理と品質管理の基準)に準拠したCPC(細胞培養センター)を備えた施設を整備する。この施設は企業や研究機関など外部組織に貸し出し、細胞再生医療の実用化に向けた研究開発に利用できるようにする。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)