文部科学省、iPS細胞研究ロードマップをアップデート

2012年11月2日 17:001pt

増田智子

 文部科学省のライフサイエンス委員会幹細胞・再生医学戦略作業部会は、2012年11月2日、iPS細胞研究ロードマップの最新版について検討した。作業部会には京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授も出席した。

ここから先をお読みいただくには、会員登録が必要です。

日経バイオテクについて
購読・メルマガお申し込み
日経バイオ年鑑2016

ランキング

1位
Wmの憂鬱、遺伝子治療の価格破壊に挑戦するベンチャー登場【日経バイオテクONLINE Vol.2506】
2位
Broad Institute、ゲノム編集CRISPRの特許抵触審査で声明
3位
カイオム、スイスADC社との本契約は2017年初頭を想定
4位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2016年上期、海外大手製薬の決算―ドイツBayer社、フランスSanofi社編
5位
阪大の菊地教授ら、GLUT4の細胞内挙動を可視化した成果をNature姉妹誌で発表
6位
メドレックス、消炎鎮痛貼付薬のフェーズIIIで有効性示せず
7位
サイフューズ、創業社長が交代
8位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
9位
日本と米国のビジネス戦略考、米国の株式市場でバイオ企業の価値はこう決まる!
10位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、国内の主要バイオベンチャー38社の平均給与は730万円
1位
Wmの憂鬱、抗PD1 抗体と癌免疫細胞治療併用で死亡例、再生医療新法の欠陥【日経バイオテクONLINE Vol.2503】
2位
サイフューズ、創業社長が交代
3位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
4位
PIPAペプチド創薬ベンチャーのピプルス・ファーマが京都で始動
5位
Wmの憂鬱、遺伝子治療の価格破壊に挑戦するベンチャー登場【日経バイオテクONLINE Vol.2506】
6位
日本と米国のビジネス戦略考、米国の株式市場でバイオ企業の価値はこう決まる!
7位
寛和久満夫の深読み科学技術政策(第131回)、老化研究がこれからの重点施策になる、その2
8位
グリーンペプタイド、神奈川県立がんセンターと癌免疫治療薬を共同研究
9位
Broad Institute、ゲノム編集CRISPRの特許抵触審査で声明
10位
厚労行政を斬る、臨床研究法を新薬開発に生かすためには
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、国内の主要バイオベンチャー38社の平均給与は730万円
2位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―低分子化合物編
3位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
4位
日経バイオテク7月25日号「特集」、ドラッグリポジショニング
5位
日経バイオテク8月8日号「特集」、癌クリニカルシーケンス
6位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―生物学的製剤編
7位
Wmの憂鬱、抗PD1 抗体と癌免疫細胞治療併用で死亡例、再生医療新法の欠陥【日経バイオテクONLINE Vol.2503】
8位
HCVは消えたけれど
9位
日経バイオテク7月11日号「特集」、次世代シーケンサーの新展開
10位
武田薬品、重点領域から循環器系を外し研究は日米に集約

分野別ランキング

1位
寛和久満夫の深読み科学技術政策(第131回)、老化研究がこれからの重点施策になる、その2
2位
寛和久満夫の深読み科学技術政策(第132回)、橋渡し機能を強化するには、その1
3位
阪大の菊地教授ら、GLUT4の細胞内挙動を可視化した成果をNature姉妹誌で発表
4位
ロート製薬が大阪大に再生医療等製品研究の共同研究講座を設置
5位
京大小栁准教授、「創薬シーズが魔の川を渡れるよう後押ししたい」
6位
神戸大の西田特命准教授ら、DNAを切らずに塩基を置換するゲノム編集「Target-AID」をScience誌で発表
7位
味の素がリプロセルとタカラバイオに販売委託した再生医療研究用培地、臨床用培地に比べコスト半減か
8位
カナダImeka社、パーキンソン病のバイオマーカーとしてMRIによる脳白質の神経線維画像の受託解析を目指す
9位
寛和久満夫の深読み科学技術政策(第129回)、国内にBSL4施設を
10位
中外、大阪大免疫学フロンティア研究センターに10年で100億円拠出
1位
サイフューズ、創業社長が交代
2位
日本と米国のビジネス戦略考、米国の株式市場でバイオ企業の価値はこう決まる!
3位
Broad Institute、ゲノム編集CRISPRの特許抵触審査で声明
4位
厚労行政を斬る、臨床研究法を新薬開発に生かすためには
5位
カイオム、スイスADC社との本契約は2017年初頭を想定
6位
大塚HD、「中期経営計画達成に向けて計画達成率は順調に推移」
7位
寛和久満夫の深読み科学技術政策(第130回)、老化研究がこれからの重点施策になる、その1
8位
カルナバイオ、Janssen社との契約解除は「臨床試験入りまで時間がかかるため」と吉野社長
9位
大阪大坂口教授、制御性T細胞でベンチャー企業を設立
10位
武田薬品、重点領域から循環器系を外し研究は日米に集約
1位
サントリー、機能性表示食品第2弾「移動時のひざ関節の悩み改善」の研究レビュー根拠は製品論文1報
2位
食品科学工学会、8月末の公開シンポで「ゲノム編集」
3位
資生堂、蒟蒻セラミドの機能性表示サプリ「飲む肌ケア」を9月発売
4位
国際アグリバイオ事業団 アグリバイオ最新情報【2016年7月】
5位
花王生物科学研、グレープフルーツの香り成分ヌートカトンに肥満抑制作用、作用点はAMPK活性化で運動持久力向上も
6位
日本製粉、αリノレン酸が豊富なアマニ油の健康食品を8月22日発売
7位
肝機能の改善をうたう初のサプリメントが発売
8位
三基商事がコーカサス乳酸菌を睡眠対策で商品化
9位
理研CSRSと阪大、神戸大など、ジャガイモの有毒物質の抑制で萌芽を制御
10位
内閣府ImPACT、グリコのパプリカとキリンのビール苦味成分を表彰
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
2位
PIPAペプチド創薬ベンチャーのピプルス・ファーマが京都で始動
3位
グリーンペプタイド、神奈川県立がんセンターと癌免疫治療薬を共同研究
4位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2016年上期、海外大手製薬の決算―ドイツBayer社、フランスSanofi社編
5位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、国内の主要バイオベンチャー38社の平均給与は730万円
6位
オンコリス、開発中のHDAC阻害薬の緑内障手術への応用で共同研究
7位
Ann Intern Med誌にTNF-α阻害剤BSの生物学的同等性を検討した論文が掲載
8位
英Adaptimmune社、T細胞療法がFDAから臨床試験を部分差し止め
9位
AstraZeneca、NSCLC対象のMAPキナーゼ阻害薬のフェーズIII失敗
10位
米Pfenex社、ルセンティスのバイオシミラーの全権利を再取得
バイオ事業のご案内
広告お問い合わせ