NPOバイオグリッドセンター関西では、スパコン「京」の産業利用枠を用いて、新薬開発を加速する「京」インシリコ創薬基盤の構築を進めている。その研究代表である京都大学薬学研究科の奥野恭史教授は、2012年10月30日に神戸市で「スパコン京と医療ビッグデータによる創薬イノベーション」の題で講演した。以下、その要旨である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)