大正製薬、生活習慣病対策トクホ主力の「リビタ」、2013年3月期に売上高50億円へ

(2012.10.31 18:19)1pt
河田孝雄

 大正製薬ホールディングス(HD)は、セルフメディケーション事業の主力ブランドである「リビタ」の2013年3月期の売上高は50億円と、2012年3月期の40億円に比べ10億円増えると予想していることを、2012年10月31日発表の2013年3月期第2四半期決算で開示した。2013年3月期第2四半期のリビタの売上高は25億円と、2012年3月期第2四半期の19億円に比べ31.2%増えた。消費者庁が食品の健康機能表示を許可する特定保健用食品(トクホ)の品ぞろえ強化が寄与した。2012年7月に血中中性脂肪対策トクホ「ミドルケア粉末スティック」と体脂肪対策トクホ「ファットケアスティックカフェ」を発売し、食後血糖値、血中コレステロール、血圧、血中中性脂肪、体脂肪という5つの生活習慣病対策トクホをそろえた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧