幾つかの遺伝子には、ごく初期の胚でしか活性が無い。これらの遺伝子は、他の多くの遺伝子が生涯を通じて機能し続けるのと違って、課せられた仕事を終えた後は、機能を永久に失う。スイスEcole Polytechnique Federale de Lausanne(EPFL)の研究者らは、この奇妙なメカニズムを明らかにした。この不活性化は、成長後に偶発的に生じる可能性があり、その場合、多様ながんを引き起こす。この研究成果は2012年10月4日、Cell Reports誌の最新号に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)