東京大学医科学研究所インタラクトーム医科学社会連携研究部門の宮本悦子特任准教授、藤森茂雄特任研究員らは、試験管内でたんぱく質の相互作用を網羅的に解析するIn Vitro Virus法(IVV法)と、高速シーケンサーを組み合わせた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)