米Children’s Mercy Hospitals and Clinicの研究者たちは、次世代型シーケンスシステムを用いた全ゲノムシーケンシングの結果と臨床症状を組み合わせて、小児の単一遺伝子疾患を採血から50時間で診断可能なSTAT-Seqアプローチを開発、小児ICUで使用するための試作システムの有用性を検証した結果をScience Translational medicine誌に、2012年10月3日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)