研究者が人口多能性幹細胞(iPS細胞)を生み出すのに使うプロセスは時間がかかり非効率だ。このプロセスの効率を引き上げるために、米Sanford-Burnham Medical Research Instituteの研究者らは、キナーゼの阻害剤に目を付けた。研究者らは、複数のキナーゼ阻害剤が細胞に添加されたとき、標準手法に比較してより多くのiPS細胞が生み出されることを発見した。この新たな手法は、多くの分野の研究を迅速化し、世界中の研究者が、ヒトの疾患を研究し新規の治療方法を開発する助けとなる。研究成果は2012年9月25日付のNature Communications誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)