長崎県佐世保市で2012年9月30日から開催されている世界オレオサイエンス会議(World Congress on Oleo Science 2012 & 29th ISF Congress―JOCS/AOCS/KOCS/ISF Joint Meeting―)で10月2日、ライオンの濱逸夫社長が「contribution to sustainable consumers' life by oleo science」と題したプレナリーレクチャー(総会講演)を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)