ウシオ電機は、抗原・抗体反応を使って現場で不正薬物を検知する蛍光測定装置、蛍光標識試薬の開発が完了し、2013年1月から税関で試験導入されることが決まったと、2012年10月2日に発表した。プロテイン・エクスプレス(千葉市、大滝義博社長)が開発した「Q-body」技術を使用したもの(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)