でん粉加工と機能性食品素材の総合メーカーである松谷化学工業(兵庫県伊丹市、松谷晴世社長)の研究所は、名城大学薬学部の豊田行康准教授、香川大学医学部の徳田雅明教授との共同研究により、ノンカロリーで甘味度が砂糖の7割程度のD-プシコースを含む希少糖含有シロップが、健常ラットへの長期投与で抗糖尿病及び抗肥満作用を示すことを確認した。京都市で開かれる第33回日本肥満学会で2012年10月12日、豊田准教授がポスター発表を行う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)