資生堂は、与那国島産のボタンボウフウ(長命草)が下肢むくみの改善作用を発揮することをヒト試験で見いだすとともに、新規なポリフェノール成分を同定した。日本食品科学工学会の月刊誌である日本食品科学工学会誌(食科工誌)の2012年10月号で詳細を発表する。食科工誌10月号は、10月中旬頃に読者に届く見込みだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)