ポッカコーポレーションは、オオバギポリフェノールを5%含む化粧品液体原料「美らフェノンBG」の販売を2012年10月から開始する。9月中旬から素材の紹介を開始し、9月下旬からサンプル出荷を開始した。内閣府の沖縄イノベーション創出事業(07年度から09年度)と農林水産省の緑と水の環境技術革命プロジェクト(2011年度)の研究助成を得て開発した。このオオバギポリフェノール素材の機能性については、2012年9月21日に都内で開催された日本農芸化学会薮田セミナーの環太平洋プロポリス研究会第1回講演会「プロポリス研究が拓く太平洋諸島の未来」で、玉川大学ミツバチ科学研究センターの中村純教授、静岡県立大学食品栄養科学部の熊澤茂則教授、京都大学生存圏研究所の矢崎一史教授、徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部の寺尾純二教授らが関連の発表を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)