田辺三菱製薬と協和発酵キリンは2012年9月27日、血栓溶解剤「グルトパ」/「アクチバシン」(アルテプラーゼ(遺伝子組み換え))について、虚血性脳血管障害急性期に伴う機能障害の改善として、既承認の効能・効果である「発症後3時間以内」を「発症後4.5時間以内」へ延長する申請書を厚生労働省に提出したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)