東洋大学生命科学部の伊藤政博教授らとバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターは、カリウムイオンとルビジウムイオン、ナトリウムイオンで駆動するハイブリッド型生物モーターを発見した。オープンアクセスジャーナルのPLoS ONE誌で2012年9月25日17時(米国東部時間)に発表した。このナノマシンの作動原理は、微細加工化された人工ナノマシンの開発に貢献する。また多種類のエネルギーが利用可能なため医療分野におけるナノモーターの研究への波及が期待できる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)