米California大学Berkeley校と米エネルギー省(DOE)の傘下にあるLawrence Berkeley National Laboratory(LBNL)、Oak Ridge National Laboratory(ORNL)、Pacific Northwest National Laboratory(PNNL)の研究者たちは、米コロラド州Rifleのウラン鉱の地下に生育していた細菌のゲノム配列をメタゲノム技術を用いて解読、代謝特性などについて新たな知見を得た。詳細は、Science誌2012年9月28日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)