スイスRoche社は2012年9月21日、欧州ヒト用医薬品委員会(CHMP)が「Avastin」(一般名:ベバシズマブ)と化学療法(カルボプラチンとゲムシタビン)の併用治療を、プラチナ感受性の再発性卵巣がん女性患者の治療として使用することに対し、肯定的見解を採択したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)