明治大学農学部の長嶋比呂志教授は、ブタの遺伝子組み換え技術を活用した研究を進めている。体細胞核移植によるクローニング技術を核に、ヒト疾患モデルとなるブタを作製している(聞き手は増田智子)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)