総合マーケティングビジネスの富士経済は2012年9月25日、機能性化粧品の国内市場を7月から8月に調査した結果を発表した。注目機能市場の筆頭は、アンチエイジング機能を訴求したスキンケア化粧品。このうち「リカバリー・プロテクト」の市場は2012年度見込みが3397億円で2011年実績比2.3%増、「ホワイトニング(アンチエイジング訴求)」の市場は2012年度見込みが813億円で2011年実績比4。1%増と分析している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)