米国立衛生研究所(NIH)は、2012年9月24日、まれな筋肉変性疾患である遺伝性封入体ミオパチー(hereditary inclusion body myopathy; HIBM、遠位型ミオパチーとも呼ばれる)の患者にDEX-M74を投与する臨床試験をNIH臨床センターで開始すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)