2013年度予算の概算要求において、バイオ関連予算は総額4051億6500万円であることが本誌の集計で分かった。2012年度当初予算と比較して、954億円(30.8%)の増加である。集計の対象としたのは例年通り、厚生労働省、経済産業省、文部科学省、農林水産省、環境省、警察庁である。

(訂正)経済産業省の項で、「革新的バイオマテリアル実現のための人工遺伝子合成技術開発」とあるのは、正しくは「革新的バイオマテリアル実現のための高機能化ゲノムデザイン技術開発」でした。また、同施策の目的として「水と太陽エネルギーから水素を産生する組み換え微生物」とある部分を削除します。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)