米Duke Universityの研究者らは、がん研究を進める中で、より安く、より環境に優しい手法で、ナイロンを製造するのに必要な分子を発見した。同研究は、がん細胞に見られる遺伝的・化学的な変化が、商用上の便益をもたらす目的のために利用することができるかもしれないという、興味をそそる考えから生まれた。研究成果は、2012年9月23日付のNature Chemical Biology誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)