国立がん研究センター研究所ゲノム生物学研究分野の河野隆志分野長は2012年9月21日、札幌市で開催された日本癌学会学術総会で、肺腺がんの新規原因遺伝子とそれを標的とした治療法などについて講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)