米国立衛生研究所(NIH)のプロジェクトであるがんゲノムアトラス(TCGA)の研究チームは2012年9月23日、乳がんの主要なサブタイプの1つが、難治性の高悪性度卵巣がんと多くの遺伝的特性を共有していると発表した。この発見は、2つのがんが類似する分子的起源を有することを示しており、これにより、両がんの治療データの比較分析が容易になる可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)