ライオンは、胃腸薬等に広く用いられている生薬ロートエキスの総アルカロイドを簡便かつ迅速に定量する試験法を確立した。千葉県木更津市で開かれた日本生薬学会第59回年会で2012年9月18日、ライオン研究開発本部薬品第1研究所の研究者らが発表した。この試験法は、ライオンが2012年6月に承認を取得した「ストッパ下痢止めEX」などの規格および試験法に採用した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)