米Frost & Sullivan社は2012年9月19日に都内で説明会を開催し、バイオ化学産業に関する調査結果と未来像を発表した。同社のアジアパシフィック化学・素材・食品部門シニアディレクターであるKrithika Tyagarajan氏はその中で、2020年までに全化学原料の10%は生物由来になるとの見方を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)