佐藤製薬は、南米アマゾン流域の薬用生薬であるアマゾンハーブ約100種のエキスをスクリーニングし、マメ科のペルーバルサムが発毛促進作用を発揮することを見いだし、その活性成分を特定した。千葉県木更津市で開かれた日本生薬学会第59回年会で2012年9月18日、佐藤製薬ライフスタイル研究所ライフスタイル研究課の研究者らが発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)